血糖値は基準値を下回っていないか定期的にチェック!

自覚のないまま悪化してしまう低血糖は、血糖値の基準値を目安にする

血糖値は基準値を下回っていないか定期的にチェック!

病院

低血糖になりやすい人の特長

低血糖になる患者で一番多いのは、意外にも糖尿病を患っている方です。この理由は、血糖値を下げるためにインスリンを注射した結果、血糖値が下がりすぎてしまうからです。また生まれつき、四人に一人は炭水化物に対して敏感であり、インスリンが多く放出される傾向にあり、それも低血糖の原因となります。

低血糖になりやすい環境

体質は人によって程度も異なりますが、糖尿病治療でインスリンを投与している場合は低血糖になる確率が非常に高いです。その確率は普段と違うことをすると低血糖になると言われるほどで、これはつまり糖尿病患者の場合はどんな環境でもなりやすいということを意味します。

もしもの時に備えよう

基準値を少し下回っただけの、軽度の低血糖の場合は、目眩や悪寒などの症状で済みますが、重症化すると昏睡状態に陥ることもあります。そして低血糖の怖いところは、繰り返し低血糖になると軽度では症状が出なくなり、無自覚のまま重症化して突然昏睡することもある点です。その可能性を踏まえ、症状が出なくても血糖値測定をこまめにしておきましょう。

症状が出た際の対処法

糖分が足りなくなることが低血糖に繋がるので、最も簡単な症状への対処法はブドウ糖を摂取することです。また血糖値を上昇させるホルモンであるグルカゴンを注射すると、重症状態から意識を回復させる程の効果が得られます。とはいえ倒れた時は非常に危険な状態なので、すぐに病院に搬送してもらえるように身近な人に気配りをしてもらうことも必要です。

低血糖に関する疑問

糖尿病でなければ低血糖にはならないの?

通常血糖値が基準値を下回ることはありませんが、体質的にインスリンが分泌されやすい方は注意が必要です。また妊婦も過食や栄養不足が起きると低血糖になりやすいので注意しましょう。

糖尿病の人は何に気をつければいいの?

少しの生活の変化でも低血糖になってしまう糖尿病患者は、まずは生活リズムや行動を変えないことが第一です。その上で、身近な人に万が一の為に、グルカゴン注射の事を話しておくと倒れた時も安心です。

低血糖を予防するにはどうすればいいの?

糖尿病と低血糖は同様に、糖分を摂りすぎることによって起きます。これらを防ぐためには、普段の生活から炭水化物や砂糖を多く含む食べ物を食べすぎないように気をつけるようにしましょう。

広告募集中