がんは早期発見が大切!初期の段階なら決して難しくないがん治療

それぞれの症状に適したがん治療が高い効果を発揮する

がんは早期発見が大切!初期の段階なら決して難しくないがん治療

診察

諦めないがん治療

放置しておくとどんどんステージが進行していくがんは、発見が遅れるにつれて治療の効果が下がったり、手術の難易度が上がります。しかし、がんは治さなければいずれ死に至る病気であり、逆に治療を行えばその後健康な生活を送れる可能性もあります。なので治療が難しいと言われたがんに対しても、諦めずに治療を選択することが大切です。

個人に合わせた最適な治療を受けよう

がんの治療法は大きく分けて三タイプあります。一つ目は手術療法で、切除によりがんを摘出します。二つ目は薬物療法で、抗がん剤によりがん細胞を駆逐します。三つ目は放射線療法で、放射線をがんに当てることで細胞を死滅させます。副作用の程度や傷跡の有無などがそれぞれ違うので、どれを選ぶかはがんの程度と患者の希望次第です。

見えないがんもチェックしてもらおう

がん細胞はがんが見えるほど育つ前から血中を循環していて、それががんの発生や転移を引き起こします。このレントゲンや超音波検査では写らない、いわば見えないがんを発見するために、血液を採取してがん細胞を蛍光発色させる処理を行えば、超初期でのがんの発見が可能です。

がん治療の流れ

進行したがんはまず切除

発見が遅れたがんに対するがん治療は、まずは手術です。患部を切除、又はがんになった臓器ごと摘出して、諸悪の根源を切り離します。出来る限り早期の治療が求められるので、合意が得られ次第手術は開始されます。

手術が上手くいったか確認する

術後は、初診の時と同じようにカウンセリングや触診を行って手術の仕上がりを確認したり、術後の経過を患者に説明します。がん治療は手術だけでは終わらないことが多く、この確認段階も患者を全快させるのに必要です。

抗がん剤で転移や再発を防ぐ

大きいがんの場合、大抵別の場所に転移していたり再発したりします。それを防ぐ為には、体中にあるがん細胞を全て殺し切ることが不可欠なので、抗がん剤を利用して小さい転移がんや血中のがん細胞を殺します。

広告募集中