更年期障害と似た症状に注意!卵巣がんの特徴とは?

乳がんの次に多い卵巣がん

女性のかかるがんは乳がんが一番多い事は有名ですが、卵巣がんの患者数も多いです。卵巣がんは子宮頸がんと同様に子を授かって初めて発見されることも多く、妊婦には多大なショックを与えます。

治療を受ける前に知っておきたいこと

妊娠している状態で卵巣がんが発覚した場合、胎児に悪影響を与えないために抗がん剤治療が出来ません。同様に放射線療法も使用出来ないので、基本的に治療には卵巣の摘出を必要とします。

卵巣がんと乳癌の違い

卵巣がんの自覚症状は進行するまで気づきにくい

卵巣がんは体の奥に出来るため、触ってもしこりがあるかどうか知覚するのが難しいです。症状は頻尿や食欲の低下が挙げられますが、更年期障害と似ているので無視しているうちに重くなるケースもあります。そして卵巣がん検診はあまり普及しておらず、そのせいで発見が遅れるのも確かです。

乳がんは乳房と腕に大きな異変を引き起こす

乳がんにかかると、しこりを触って知覚できるのでふとした瞬間に気がつくことが多いです。また進行するとリンパの流れが悪くなることで腕が痺れたりむくむので、それを機に病院に行ってがんが発覚することもあります。また乳がん検診は推奨されていて、多くの女性が受けるので見つかりやすいです。

利用者の多いがん治療方法

no.1

妊婦がすぐに使える手術療法

卵巣がんにかかった人が妊婦の場合、子供をお腹の中で十分に育てることとがんをいち早く取り除くことの両立が必要です。その為にがん細胞を即座に除去し、母体への影響の少ない手術による切除や摘出が好まれます。

no.2

転移の可能性まで駆逐する薬物療法

卵巣に出来たがんは、骨や脳に転移して体の痺れを引き起こす事が多い他、症状の出にくい肝臓にも転移しやすいです。こうした転移がんまで一掃するためには、全身療法である抗がん剤が最適です。

no.3

体へのダメージが少ない放射線療法

部分療法である放射線療法は、副作用が軽い術式でありながら卵巣の機能を残しておくことができます。すると若い卵巣がん患者は、放射線療法を選ぶと治療後も子供を産める能力を保てます。

no.4

骨髄移植で進行したがんも駆逐する

卵巣がんが重度に進行し、転移も進んで通常の治療では治せないと判断された場合は、骨髄移植をする前提で加減なく治療を進めます。骨髄までダメージを負ってしまう量の抗がん剤や放射線でがんを駆逐した後、骨髄移植によって骨髄を復活させます。

no.5

より副作用を軽減した免疫療法

免疫療法は、がん細胞によって弱っている免疫を、免疫治療薬で回復させてがん細胞を駆逐する方法です。抗がん剤よりも副作用が少ない、新しく開発された治療方法となっています。

[PR]卵巣がんの症状を撃退しよう
身体への負担が少ない施術方法を大公開☆

[PR]血糖値の基準値などを詳しく解説!
健康維持に重要な知識が満載☆

[PR]がん治療は専門医院で受けよう
病気の悩みを撃退☆

女性に多い卵巣がんは妊娠して初めて発見されることも珍しくない

女医

転移を防ぐためにできること

がんの転移は、がんが出来てしばらくしなければ起きません。つまり検診を定期的に受け、早期発見出来れば転移を防ぐことができます。また血糖値の上昇はがんの発生確率を高めるので、血糖値が基準値を超えないように気をつけて生活することも転移の予防に繋がります。

抗がん剤の副作用を抑える方法

抗がん剤の副作用には、対策をすることで軽減できるものもあります。例えば嘔吐や吐き気は、冷たい水でうがいを行うことで抑制することが出来、また下痢や便秘はこまめな水分補給で解消できます。
また対策は軽減する以外にもあり、脱毛に対してはウィッグやカツラを着けることで隠せます。

広告募集中